まくりの難易度や、狙い目、予想をまとめて紹介します。

センターまくりが決まりやすい

買い目予想をする男性

戸田競艇場は内枠がスタンド側へ向かって斜めに助走する不利な要素があるため、センターまくりが決まりやすいです。
まくりとはスタート直後の1マークで内側にいる艇を外側から抜いて先にコーナーを通過する決まり手で、主に3コースから外側の艇に多く見られます。

 

抜かす方法(決まり手)は、まくりの他に内側から抜く差しがありますが、戸田はセンターから純粋な差しが決まることは少ないです。
3~5枠にまくりの得意な選手が入った時は、3~5枠を頭にした予想を検討してみてください。

 

センターまくりは簡単じゃない

戸田は他の競艇場に比べてセンターまくりが決まりやすいですが、どの選手でも簡単に決められるものではありません。
センターまくりはスピードを乗せて1マークに突っ込む必要があり、内側の艇をしっかり抜かして旋回しないとアウト側に大きく膨らんでしまいます。
まくりを狙ったセンターの選手が失敗して下位に沈むレースも多いので注意しましょう。

 

センターまくりが決まりやすいレースの条件は以下の通りです。

1、2枠の内枠選手の期待値が低い(実力が劣っている)
センターに有力選手がいる
センターまくりを期待できる選手が思いきったレースをする可能性がある

 

まくりが得意な選手がセンターに入っても、大敗リスクを懸念して手堅く3着以内を狙いに行くこともあります。
内枠とセンターの実力差と、事故点数や勝った時の恩恵(優勝戦へ進めるなど)までしっかり分析することが大切です。

 

まくりが得意でも油断できない

油断してミスをした人形

まくりは内側を走る艇よりも好スタートを切ってスピードが乗った状態で1マークへ進入しないと決まりません。
他の競艇場では、チルト角をあげて直線性能で内枠選手をリードするハイリスク・ハイリターン戦法でまくりを決める選手が多いです。

 

コース幅が狭い戸田は全国でもっともチルト角の制限が厳しく、チルト角の設定だけで直線性能を大幅に高めることができません。
直線性能の差が少ない中でまくりを決めるには、抜群のスタートを決めるか接触リスクを顧みずに思い切った突っ込みをする必要があります。

 

他の競艇場でまくりをたくさん決めている選手でも、戸田のセンターコースでは結果を残せないことがあるので注意しましょう。
戸田をホームコースにしている地元選手で、センターまくりを頻繁に決めている実績がある艇は期待値が高いです。

 

まくりが決まった場合の相手

センターまくりは3カドもしくは4カドの艇が決めることが多いです。
3カドまくりが決まった場合、外枠の選手がよほど大きなミスをしない限り1・2コースは潰れます。
4カドまくりが決まった際の2着は意外にも1枠がもっとも多く、その次に5枠が多いです。

 

センターまくりまで予想が当たっていても、相手を間違えて不的中になるミスをしないよう注意してください。

まくりが決まった際に内枠の艇で潰れる選手と上位をキープできる選手をしっかり見極めることが大切です。