戸田競艇場の枠別の決まり手を、数字にしてまとめました。

枠と決まり手

競艇での枠と決まり手

戸田競艇場の枠別の特徴・傾向と決まり手の比率をまとめました。
データを集計する時期によって若干変わることがありますが、水面の状態が安定しやすい戸田競艇場は長期的に同じような傾向が顕著に表れています。
最低限の基本情報と傾向を頭の中に入れて予想すると、凡ミスによる無駄な投資を削減できますよ!

 

なお、決まり手のデータはボートレース公式サイトより2019年12月1日から2020年2月28日のデータを参照しています。

 

 

1枠の特徴

戸田は全国でもっとも1枠の勝率が低いことで知られています。
インコースが圧倒的な競艇で1枠が不利になる要因は

 

助走スタート位置から1マークまでスタンド側に向かって斜めに走る必要がある
スタート直後の1マーク旋回角度が急になるため、外側からまくられやすい
1マークとバックストレッチの幅が狭く小回りを求められる

 

1コースの有利な要素が少ないため、他の競艇場に比べて1枠からの1コース進入率が高い特徴を持ちます。
とはいえ、常時40%以上の1着率を確保していて、他の枠よりも期待値の高いことは事実です。
他の競艇場よりも不利な理由だけで1枠を切り捨てる単調な予想をしてはいけません。

 

1枠の決まり手
逃げ 94.3%
抜き 5.2%
恵まれ 0.3%

 

1枠は逃げでしか高い勝率を確保することができず、スタート後の1マークを1位通過できないと厳しい展開になります。
他の競艇場に比べて逃げの比率が高くて抜きの比率が低いデータがあり、1マークの旋回角度がきつくなる影響から、1マークでまくられるとラインを外して後退しやすい特性を持ちます。

 

ちなみに1コースは2着率17.6%、3着率10.3%、4着以下30.2%です。
1枠は1着の頭にするか舟券から外す極端な買い目にする手法が人気を集めています。


2枠の特徴

2コースの1着率は16.7%で全国平均(22~24%)を下回っています。
集計時期によっては20%以上を確保することができますが、1コースと同様に斜めに走る要素と1号艇を外からまくることが困難な位置取りが結果の悪い理由です。
3着内率は全国平均(約55~58%)を上回る62.9%を確保していますが、集計時期によっては55%ほどに落ち込むこともあり結果の安定しづらい枠だと言えます。

斜めに助走して1マークへ進入する環境なので1枠と一緒にまくられる要素がある一方で、ハナから1着を諦めて手堅く3着以内を狙う選手が多いです。
2枠は思い切った走りをする可能性の有無で3着以内の舟券に絡めるか検討するとよいでしょう。

 

2枠の決まり手
まくり 34.5%
差し 57.0%
抜き 7.4%
恵まれ 0.9%

 

 

差しが多くて2番目にまくりが入るのは全国の競艇場で共通です。
他の競艇場に比べて抜きの比率が低く、1枠と同様にスタート後の1マーク旋回が小回りになるので、外枠にまくられるとラインを外してしまいます。


3枠の特徴

3枠は戸田で有利なセンターからの進入ができるので、1着率・3着内率ともに高い結果を残しています。
集計期間では3コースの1着率16.8%で1コースに次ぐ優秀な結果を残しています。

 

3枠の決まり手
まくり 58.3%
差し 4.6%
まくり差し 24.0%
抜き 11.1%
恵まれ 1.8%

 

 

通常は3枠の差し比率がもう少し高くなるのですが、戸田では1マークの進入角度の影響でまくりの決まり手が多いです。


4枠の特徴

3枠と並んで戸田では有利な要素が高い枠です。集計期間の4コース1着率は16.7%ですが、長期データでは3コースよりも優秀な結果を残しています。

 

4枠の決まり手
まくり 57.7%
差し 21.1%
まくり差し 13.3%
抜き 7.7%

 

4枠はまくりとまくり差しが同じくらいの比率になるものですが、戸田ではまくりの比率が圧倒的に高いです。
4枠が優秀な成績を残しているのは顕著ですが、まくりは難易度の高い決まり手で、戸田は1マークからバックストレッチまでの幅が狭いため華麗なまくりを決めるには相応のテクニックがいります。

 

 

思い切った走りを期待できない選手であれば、4枠であってもバッサリ切り捨てることを意識しましょう。


5枠の特徴

外枠に分類される5枠は不利な位置ですが、まくりが決まりやすい戸田では優秀な成績を残しています。
5枠でも1着率10%、3着内率40%を確保しているので、舟券に絡める有力候補として捉えておきましょう。

 

5枠の決まり手
まくり 39.0%
差し 3.1%
まくり差し 42.1%
抜き 14.0%
恵まれ 1.5%

 

 

傾向としては4枠と同じです。勝率は4枠より落ちますが選手の腕が良ければ5枠からでも華麗にまくることができます。
選手の実力とまくりの適正・思い切りを見極めることが大切です。


6枠の特徴

6コースの1着率は2.2%、3着内率27.8%で、全国平均より僅かに悪いデータがあります。
バックストレッチが狭いため、速い角度で進入して大きく回ることが困難な環境。そしてセンターが差しよりもまくりを狙うため6コースの進路が塞がれることが不調の要因です。

 

6枠の決まり手
まくり 21.4%
差し 35.7%
まくり差し 28.5%
抜き 14.2%

 

 

まくりが多い戸田でも6枠になると差しの比率が高まります。ただし1着率自体が低く、決まり手は時期によって大きく変わってきます。
6枠から勝つには戦法・実力だけではなく展開が味方することも必要です。